神奈川県平塚市の話し方教室 35年の信頼と実績 - 湘南話し方センター > お知らせ > パワハラ問題

パワハラ問題

パワハラ問題は、現在右肩上がりです。

 

昭和の時代は当たり前のような激励の言葉だったり、お叱りの言葉だったりしたものですが、

 

 

平成の時代からは、刑法も適用されるほどまで問題視されるようになった。

 

 

受けた側との人間関係や、気持ちの持ち方も大きいですが、

 

同じ言葉でも、「侮辱」「軽蔑」「許せない」と受け取る場合とそうでない場合がある。

 

 

しかし、言葉を発する側にも問題があることも現状だ。

 

 

ただの人間関係の問題ではなく、

 

刑法が適用され、処罰されることもある。

 

 

損害賠償金を支払ったり、免職処分になることもある。

 

 

 

では、パワハラ防止策として、どのような人間関係を構築していく必要があるのか。

 

 

これは、幹部役員、部下を持つ社員が学ぶべきものです。

 

 

職務内容以外にも、学ぶ必要が今の時代はあります。

 

 

 

湘南話し方センターでは、パワハラ防止のための職場の人間関係作りのセミナーをお引受いたしております。

 

 

実践も含みながら、身に付けてもらうようにしています。

 

 

社員一人一人の心の持ち方とことばの使い方で、人間関係は大きく変わります。

 


 

 

1回90分の研修~内容に応じて、人数に応じて行なっています。

 

 

教室でも取り上げていますので、関心のある方は、お問い合わせください。

 

 

電話 0463-58-8740

メール info@8740.co.jp

 

湘南話し方センター

2019年11月30日 | 湘南話し方センター