神奈川県平塚市の話し方教室 35年の信頼と実績 - 湘南話し方センター > スタッフブログ > 笑いから信頼関係を深める

笑いから信頼関係を深める

 

話し方の勉強の中には、幅広い内容があります。

その中の一つに、『ユーモアと笑いの起させ方』

と、いう内容があります。

 

人はどんなに時に笑うのか?

笑いは心の扉を開くとも言われています。

 

落語や漫才を聞いて「アッハハ!(⌒▽⌒)」

と思わず笑ってしまいますが、

人を笑わせることは沢山のルールがあります。

 

 

今日は、あなたも使える『笑い』になる一部を紹介します。

 

最近は子どもさんの宿題を親が見てあげるケースも以前より多くなりました。

そこで、

当たり前の話を、あべこべにしてみるとおもわず笑いたくなりますよ!

 

「宿題はすんだの?」

「う〜ん、、、難しいんだよ!」

「お父さんに見せてごらん、

出来の悪い子を持つと親は苦労するな〜。」

 

 

これを反対にしてみます。

 

 

最近は宿題も多く親が手伝うのは当たり前になりました。

 

「お父さん!僕の宿題まだやってくれてないの?

一郎君のお父さんはみんなやってしまったってさ。」

 

「本当かい?難しいなこれ、、、」

 

「出来の悪い親を持つと子どもは苦労するよ。

お父さん大丈夫?」

 

 

考えても見れない会話ですね。

 

 

こんな和やかな会話だけでも親子の信頼関係が伝わってきます。

 

そして、

お子さんが次の日学校から帰って来ました。

 

「どうだった?先生なんて言ってた?」

「うん、褒めてたよ!」

 

「なんてほめてた?」

「お前の親父も学力向上してるなーって!」

 

こんな、会話に抑揚をつけて話すと、

本当に笑ってしまいます。

 

 

笑うことは、健康にも良いですから、

あなたも笑いのコツを身につけてみませんか?

 

信頼関係が深まるきっかけにもなりますよ。

 

 

今日の日が晴れの心でありますよう。

 

 

湘南話し方センター

所長 松永洋忠

2020年10月14日 | 湘南話し方センター