神奈川県平塚市の話し方教室 35年の信頼と実績 - 湘南話し方センター > スタッフブログ > 敬語は難しい!!

敬語は難しい!!

あるお嫁さんとお姑さんのやりとりです。

 

どしゃ降りの雨の中、

お姑さんが買い物に行くために、

傘を持って玄関から出かけようとしたとき、

お嫁さんが慌てて玄関までやってきて、

 

「お母様、このひどい雨の中、

お一人で買い物に行かれるのですか?」

 

と言ったのです。

するとお姑さんは、急に険しい表情になって怒りだしました。

「失礼ね!私だって、雨の中でも1人で買いものにいくことぐらいできますよ!」

 

 

さて、ここで考えてみて下さい。

あなたは、このお姑さんがなぜ怒り出したのか

お分かりになりますか?

 

 

日本語とは厄介なもので、

お嫁さんからすれば、

買い物に行くことを尊敬語の、

〜れる
〜られる

を使って、「行かれる」と

表現したにもかかわらず、

 

お姑さんは、

この雨の中、1人でいくことができるのですか?
という意味に受けとってしまつたのです。

 

 

このような例から

尊敬語のつもりで使った

〜れる

〜られる

という言い方は、可能、不可能の意味で受け取られてしまうことが少なくありません。

 

 

したがって、私としてはこの

〜れる
〜られる

という尊敬語は、

できるだけ使わないようにしたほうが誤解をまねかないですむのではないかと思います。

 

例えば、今回であれば

「この雨の中、買い物にいらっしゃるのですか?」

 

という慣用的な言い回しを使ったほうが、

間違ってうけとられないですみます。

 

このようなケースは意外にあるもので、

つくづく日本語の使い方は難しいと思います。

 

 

一つでも多くの敬語に自信を持ちましょう。

 

当センターのYouTubeでも
敬語の一部を紹介していますのでご視聴ください。

 

 

今日の日が晴れの心でありますように。

 

 

湘南話し方センター

所長 松永洋忠

2020年10月16日 | 湘南話し方センター