神奈川県平塚市の話し方教室 35年の信頼と実績 - 湘南話し方センター > スタッフブログ > 怒る前に心の声を聞く

怒る前に心の声を聞く

当センターでは、
『怒ると叱るの違い』を

常日頃からお伝えしています。

 

『怒る』は自分中心の考え方ですから、

感情をストレートに言葉にしてしまいます。

 

例えば、

私がこんなにやっているのに。

こんなことも事もわからないの。

しょうがない奴だな。

 

などと、上司や親から言われると、

すみませんでした。

と言葉では言うものの、

心の中は違います。

 

ふざけるな!

自分の指導の仕方が悪いのを棚に上げて!

とか

自分の言葉が足らないのを棚にあげて!

と、反発、反抗をします。

 

しかし、

怒りたくなった時、

言葉にする前に、相手の心の声を聞く事で、

自分の説明の仕方がたらなかったんだな、

とか、

自分の言葉が足らなかったんだな、

とか、

納得するまで聞けるような雰囲気が足らなかったんだな、

 

というようなことを言われると、

 

相手からの信頼度や、尊敬する気持ちがガラリと変わります。

人様を指導される方、教える立場の方は是非心掛けてほしいと思います。

 

ロ-マは一日にしてならず。

日々の小さな言葉の積み重ねです。

 

職場でのパワハラ問題も

日頃の人間関係のあり方が大きく影響してきます。

 

言葉の影響力を

少し考えてみませんか?

 

今日もお読みくださり、有り難うございました。

一日が晴れの心でありありますように

 

 

湘南話し方センター

所長 松永洋忠

2020年9月2日 | 湘南話し方センター