神奈川県平塚市の話し方教室 35年の信頼と実績 - 湘南話し方センター > スタッフブログ > 「親」の免許証??

「親」の免許証??

個人指導に見えたことがきっかけとなり、いろいろな雑談の中で次のような話をされていました。

座間市から見えた60  代後半の男性。


「親」の免許証が必要な現代社会ですね。

そうだね  ~。
昔は、社会が子どもを育ててくれたもんですよ。
昔は、「明治は遠くなりにけり」 なんて言ってたけど
今は、「昭和は遠くなりにけり」 ですねぇ~

私ら子どものころは、
屋外で悪さをして、地域の大人に叱られたもんですよ。
昔は、親は子どもを産みさえすればよかったと思いませんか。

今は、社会が子どもをダメにしている。
地域で悪さをしても、周囲の大人はほとんど注意してくれない。
子どもを食いものにした遊び場も多いし、
スマホ や ゲームのやり過ぎからのトラブル・・・・


それに加えて、自粛  自粛のストレスから、
子どもの前での暴言、DVの増加・・・・
しかも物が豊富で便利な世の中で・・・・・


こんな社会でわが子をまっすぐに育てるには
「 親」も免許証を取得する力量が必要ですよ。

女性は誰でも、子どもを産めば母親になれる。

しかし、わが子を社会で迷惑をかけないように立派に育てあげるのが親ですよ!
母になることはやさしいが、
親になることは難しいという言葉の重みを実感するね~

ところで、こんな世の中であっても
世に役立つ人間になろうと努力する子どももいれば、
反対に非行に走る子ども も出てくる。

親の生き方、育て方、家庭環境によるところが大きいとは思うが、
絶対どの子もまっすぐ育ちたいと思っているはずだよな~!!


という内容でした。

 

 

確かに親になるための免許証って
国か自治体が決めたらどうなるんだろう。

と、その発想に
な~るほどと共鳴したものの???
少子化問題に拍車がかかるかもとか

 

 

そう言えば
結婚する前に、夫婦になる前に二人が勉強をすることを条件とした式場があったな~
と思い出してみたり。。。。

あなたは
どのように思いますか?
 

人との会話の中で、いろいろ考えたり、共感したりすることは大切ですよね。

 

今日もブログを検索下さり有難うございました。

コロナ収束が一日も早く訪れますよう。
そして今日も晴れの心で良き日でありますよう。
 

湘南話し方センター
所長 松永洋忠

2020年5月24日 | 湘南話し方センター