神奈川県平塚市の話し方教室 35年の信頼と実績 - 湘南話し方センター > スタッフブログ > 「暗示」の種類 パート①

「暗示」の種類 パート①

「暗示」の種類パート①をご紹介します。

一つは、自己暗示

 

前向きな考え方を「プラス思考」  とか、「上昇思考」といいます。

物事をどのように考え、どのように受け止めるか。

それによりストレス解消にもつながります。

同じ事にぶつかっても、

一時は、マイナスに陥っても

心のチャンネルを切り替えることで、

人は気持ちが楽になります。

例えば、
70代のお母さんには、2  人の息子さんがいて

お兄さんは、弁当屋さん

弟さんは、傘の専門店で働いています。

そのお母さん、  いつも何となく暗い表情をしているので

ある時尋ねたとの事。

「何か心配事でもあるんですか?」

すると、

「息子が弁当屋をやっていてね、雨が降ると弁当が売れないんじゃないかと心配で。」

そして、

「天気が良ければ、傘が売れないんじゃないかと心配で心配で、、、」

「それらを考えると胃の調子が悪くなってしまうんですよ」

 

そう言われたので、

「反対に考えてみたらどうですか?」

 

と言ってみた。

「え?反対に?」

 

「そうです!雨が降ったら傘が売れる!

天気が良ければ弁当が売れる!   と、考えていれば気楽でしょう。」

すると、しばらく考えてから!

「それもそうね!」

と笑顔になり、明るさを取り戻したそうです。

 

このようなケースに似たような事は、

私達の日常生活にも沢山あります。

 

プラス思考で心も楽し 私の人生バラ色だ。
 

このことばを毎日の生活の中で

くつろいだ状態をつくり、 20 回は繰り返します。

今はそうできなくても 、

自分をこうしたい!こうなりたい!

と思った言葉をリズミカルに  5   7   5  調で作ってみます。

そして、自分が成功した状態をイメージします。

これは「イメージトレーニング」とも言われ、

自分の心に何度も何度も繰り返します。

 

是非実践をしてみませんか。


 

 

 

 

明日は、暗示の種類パート②

「相手にかける暗示」をお伝えします。

 

今日もブログにお目通し頂き有り難うごさいました。

 

ホームページの他のコーナーもどうぞご確認下さい。

今日一日がより良き日でありますよう(*^^*)

 

湘南話し方センター
所長 松永 洋忠
 

 

2020年3月25日 | 湘南話し方センター